ビジネスローンのメリットとデメリット

○ビジネスローンのメリット

通常の銀行融資の場合、保証人と担保を立て、事業計画書や返済計画書を作るなどの面倒な手間が必要になります。そして、こうした手続きを済ませてから更に審査が終わるまで3週間から1ヶ月ほどの時間がかかることになります。それで審査に通ればいいのですが、審査に落ちた場合、そのために費やした労力と時間は全て無駄になってしまいます。

ビジネスローンの場合、手続きが簡略化されており、インターネットからでも手続きを行うことが可能です。審査もコンピューターのスコアリングによってほぼ自動化されているので、早いところならば申し込んだその日の内に審査が終わり、融資を受けることができます。このスピーディーさがビジネスローンの最大のメリットです。個人事業や中小企業を営んでいる方の中には急にまとまった資金が必要になるという場面も多々あることでしょう。

○ビジネスローンのデメリット

ビジネスローンは通常の銀行融資と比べると手軽な反面、金利は高く、融資額は低く、返済期間は短い傾向にあります。ビジネスローンは貸主に担保や保証人などの保証がないため、貸主は金利や融資額や返済期間などの設定を通じてクレジットリスクを減少させるしかないのです。

また、ビジネスローンのスピード審査は借主にとってメリットになるものですが、これがデメリットになることもあります。コンピューターのスコアリングによる審査は決算書に書かれた項目をピックアップして機械的に判断するだけなので、融資担当者との交渉の余地などはありません。返済能力を保障するものがあったとしても、それが決算書に記載できる内容でなければまったく考慮されないということです。一度ビジネスローンの審査に落ちた場合、新しい決算書ができるまでその金融機関ではビジネスローンの申し込みはできなくなります。ビジネスローンはメリットだけではなくデメリットもあります。手続きを行う前にこれらのことを頭に入れておいた方がいいでしょう。