ビジネスローンで担保が不要な理由

○ビジネスローンは原則的に無担保

銀行融資を受ける場合、ほぼ確実に不動産や有価証券などの担保が必要になります。担保がない場合、銀行の審査を通過するのは極めて難しいです。そのため、ビジネスローンでも担保が必要と考えている方は多いですが、ビジネスローンは原則的に無担保なのが特徴となっています。

○ビジネスローンで担保が不要な理由

通常の銀行融資とビジネスローンでは、融資の審査の判断基準が異なります。ビジネスローンと比べると、通常の銀行融資は融資枠が高く、返済期間も長いという場合がほとんどです。経営状況が良好な会社でも、数年後にはどうなっているか分かりません。通常の銀行融資の際には、将来的な経営状況の悪化による貸し倒れのリスクを考慮する必要があります。そのため、通常の銀行融資では、仮に会社が倒産したとしても返済できるかどうかというのが重要であり、銀行は担保を設定するのが一般的なのです。

ビジネスローンは融資枠が低く、返済期間も短いという特徴があります。現在の経営状況でクレジットリスクをかなり正確に判断することができるため、万が一の保険として担保を設定する必要があまりないのです。また、会社が倒産したり、返済が不可能になった場合でも、ビジネスローンの金利、融資枠、返済期間などはそれを踏まえて設定されているため、貸主に生じる損失は最小限に抑えられています。

○有担保のビジネスローンもある

現在ではほとんどのビジネスローンは無担保ですが、有担保のビジネスローンもないわけではありません。有担保のビジネスローンは不動産ビジネスローンというローン商品が多く、家や土地などの不動産を担保として設定します。有担保のビジネスローンは無担保のビジネスローンと比べると金利が安くなり、融資枠が高くなるので、借主にとっても大きなメリットがあります。また、返済期間も通常の銀行の融資のように長期間に設定することができます。