融資条件を満たしていないとスコアリングで弾かれる

○手軽さで人気のビジネスローン

ビジネスローンは手続きが簡略化されており、審査も通りやすいのが特徴です。ビジネスローンは簡単に融資を受けることができるので、ビジネスローンを開業資金や運転資金に充てることを考えている個人事業主や中小企業も多いかと思います。

しかし、ビジネスローンは確かに通常のキャッシングやローンと比べると利用しやすいものではありますが、誰でも利用できるというものではありません。条件に引っ掛かった場合、融資を受けられない可能性もあります。

○ビジネスローンを受けるための融資資格

銀行やノンバンクはそれぞれ、融資者に対して融資条件を提示しています。融資条件を満たしていない場合、通常のキャッシングであろうとローンであろうとビジネスローンであろうと、融資を受けることは難しくなります。

融資条件は銀行やノンバンクによって細かい違いがあります。基本的には『税金をしっかりと納めていること』、『経営年数が2年を超えていること』、『債務超過(負債が資産を上回っている状態)ではないこと』、この3つを満たしていればビジネスローンを受けるための最低条件はクリアしていると言えるでしょう。反面、未納税金がある場合、開業したばかりで2経営年数が短い場合、負債が資産を上回っている場合などはビジネスローンで融資を受けるのは困難です。

○融資条件を満たしていないとスコアリングで弾かれる

ビジネスローンを受ける際には、『納税証明書』、『2期分の決算書』、『賃借対照表』の3つの書類を提出しなければなりません。3つの書類の情報をコンピューターに入力することでスコアリングが行われ、審査が可能かどうかが判断されることになります。

融資条件を満たしていない倍、コンピューターのスコアリングでクレジットリスクが高いと判断され、機械的に弾かれてしまいます。そのため、ビジネスローンでは上述した3つの融資条件を満たしていなければならないのです。